micro coffee roasters

マイクロコーヒーロースターズは、 あなたの思い通りの
コーヒーロースター&コーヒースタンドを実現します。

「好き」を商売にする。

マイクロコーヒーロースターズは、コーヒーロースター&コーヒースタンドの夢を、夢で終わらせず実現するためのお手伝いをします。私たちには、コーヒーロースターを営業し繁盛店にしてきたノウハウがあります。コーヒースタンドは最低3坪での開業が可能。小さなことからお気軽にご相談ください。

開業前のサポート

資金調達支援

資金借入に必要な情報の収集から、わかりやすく開業計画書作成ができるようなフォーマットの準備まで、スムーズな借入を支援します。

個性を活かしたご提案

開業資金予定をお聞きした上で、店舗の立地・規模のご提案から、イメージ通りのお店になるよう経験豊富なスタッフがサポートいたします。

未経験でも安心の研修システム

経営全般、またコーヒー全般の知識にわたる幅広い研修カリキュラムを実施いたします。研修にはJ.C.Q.A.珈琲インストラクター3級検定も含まれるので、有資格者として開業可能です。

開業後のサポート

豆ごとの焙煎マニュアル・在庫リスクの軽減

micro coffee roastersが生豆を一括で仕入れ小分けにしてお届けするため、在庫リスクが少ない上で数多くの種類を揃えることができます。
また、豆ごとに適した焙煎度合いなど商品の供給時にご提供いたします。

オリジナルブレンド制作

お店の名前のブレンドや季節ごとのブレンドなど、お客さまを飽きさせない商品をご提供いたします。また、店舗ロゴをデザインしたリキッドアイスコーヒーやドリップバッグも製作できます。

セミナー・勉強会開催

オーナー向けにコーヒー販売の勉強会や、コーヒーセミナーを実施しています。
また、お店でお客さまに向けたコーヒー教室をする際のサポートも行っています。

国内におけるコーヒービジネス環境

コロナ禍での外出自粛やテレワークの定着により、家での時間を美味しいコーヒーとともに楽しむ人たちが増えています。
また、CMやコンビニエンスストアの店頭などでも「スペシャリティコーヒー」や「農園産」という言葉も聞かれるようになりました。

コーヒーは焙煎した直後から、炭酸ガスとともに「極上の香り」を発します。しかし、一般に販売されているコーヒー豆の多くは工場で焙煎されてから時間が経っているため、香りの大半が失われており、この「極上の香り」を体験したことがある人はまだわずかです。

micro coffee roastersで提供されるコーヒーを初めて手にされたお客さまは一様にこの香りに感動されます。

ビジネスとしての魅力

コーヒースタンドは最低3坪からの開業が可能です。

また、スーパーマーケットなどで販売されているコーヒー豆は、生豆を焙煎する工程を含んだ最終価格ですが、自家焙煎ではこれらの工程も利益として取得できます。

コーヒーを美味しく飲める期間は豆のままなら6週間、粉にすると3週間です。お客さまは消費量に合わせて購入され飲み終わる頃にまた来店されます。

味の確かなコーヒーを提供することで固定のお客さまを増やし、安定した売上を確保することができるのです。

micro coffee roastersで取り扱うコーヒーとは

icon3.png

目利きされた高品質のコーヒー豆だけを販売

micro coffee roastersでは、世界各国の高品質のコーヒー豆だけを厳選してラインナップしています。名が通ったスペシャリティコーヒーから、高価でなくても味の確かなコーヒーまで目利きされた生豆を提供します。

icon3.png

コーヒー豆の特長を引き出す焙煎度合い

そのコーヒー豆の特徴を最大限に引き出せるよう焙煎を繰り返しテストすることで、ベストな焙煎度合いでお客さまに提供することができます。

icon3.png

焙煎したてのコーヒーを販売

その日販売する分など、必要な量だけを店内で焙煎するため、もっとも美味しく香りが高い状態でお持ち帰りいただけます。焙煎してからの流通経路を必要としないので飲み頃が長く続くのが魅力です。

icon3.png

焙煎プロファイルがプログラミングされたフルオート焙煎機を使用

一般的には難しいとされているコーヒー豆の焙煎は、焙煎プロファイルがプログラミングされたフルオート焙煎機を採用しているため、初めての方でも最適な焙煎が可能です。
また電気式なので火事の心配もありません。

→ 焙煎機の詳細はこちら

アイ・シー電子工業株式会社
TORNADO KING

icon3.png

回転率の良いコーヒースタンド形態が可能

席数で売上の上限が決まってしまう一般的なカフェとは異なり、席数に依存しないコーヒースタンド形態での営業も可能です。
またコーヒーのテイクアウト需要を喚起し、座席数に関わらず一定の販売数の確保が可能。お客様とのふれあいを維持しつつ定期的な来店の動機づけを促します。
本格的なコーヒースタンドは、街のランドマークともなりうるでしょう。

Producer

田口 真太郎

ユーシーム株式会社 代表取締役
たぐち珈琲豆店 店主
J.C.Q.A.コーヒーインストラクター講師
J.C.Q.A.コーヒーインストラクター1級
全日本コーヒー商工組合連合会会員

東京都江戸川区・篠崎で〈たぐち珈琲豆店〉を20年以上にわたり経営。自家焙煎豆の販売やブレンド作成を手がける。現在はカフェ・レストランなど全国30店舗以上にコーヒーを卸す。ブレンド作成の際には店舗が提供するフードやスイーツ、店主の好きな食べ物はなにか、などをヒアリングした上で、味と価格のバランスがとれたブレンドを提案している。
2015年よりブラジル・セラード地区のデュアスポンチス農園と契約、近年ブラジルで開発された〈トゥピー〉という品種を取り扱う。
また、コーヒーファンからプロ向けまで幅広くセミナーやワークショップを開催している。